フクリョー


リクルート

仕事内容

「会社というひとつのチーム」。
フクリョーの「営業」とは「営業活動」、「企画」、「品質管理」を意味している。
だからトレンドを鋭く読み取るセンス、それを形にしていく企画力、テキスタイルメーカーや材料メーカーとの交渉力、そしてそれらすべてを動かす情熱、これらをすべて持ち合わせていなければ、フクリョーの社員としてやってはいけない。
 またフクリョーは会社全体をひとつの部署として捉え、「知識」「情報」「戦略」を分け隔てなく共有することにより高品質で時流をとらえた製品を生み出すことに成功している。

品質第一主義

自分たちの生み出す製品の品質を上げることこそフクリョーの命題と考えている。
そのため生産拠点に頻繁に出かけ、直接製品の出来を確かめることはもちろんのこと、縫製担当者との綿密な打ち合わせを通じて今、日本市場では何を求められているのかを徹底的に伝え、それが100%製品に反映されるよう心を砕いている。

貿易のエキスパートが営業をサポート。

一方、営業と並んで仕事の中核をなすのが貿易部門である。生産拠点が海外、そして資材の調達も年々海外にシフトしている現在、この貿易という仕事は業務の中でも重要な位置を占めるといってもよい。
そんな仕事だからこそフクリョーはあえて外部委託せず、資格を持った人材を揃え材料手配から貿易書類作成までを一貫して自社で行っている。
それは日々変わる環境に迅速に対応し、かつ低コストを実現する唯一の方法だとフクリョーが考えているからである。


Copyright 2008 FUKURYO All rights reserved.